起業 向いた人

起業に向いた人ってどんな人

新しい事を起こすことが起業ですが、起業に向いた人っていうのが存在するようです。

それは、どんな人っていうと 今までに無かったことをするので、やはり精神的にタフな人です。

次に情熱をもってやり続ける行動力のある人です。 無かったことをゼロから作り上げるので、当然反対意見の嵐に立ち向かっていくことになります。 ましてや就職でもしていたら、反対意見は何倍になります。 周りみんなが、敵状態になっていきます。 失敗もあり、心が折れそうになります。それでもやり続ける気迫や情熱があるかどうかです。

エジソンが電球のフィラメントを作ったときには、6000回以上の失敗を繰り返したといわれています。 その結果電球というものがこの世の中に出てきました。 この二つは最低限必要なものでしょう。

でもいくら情熱や精神力があっても、走り出したら元にはもどれません。 そうです、3つめに必要な物が計画性です。 本格的に起業するには、細心の注意をはらい、綿密に計画をたて、 まず副業的に小さなモデルケースでできるかどうかから始めないといけません。 本格的に起業するには、お金も必要になりますので、 銀行の信用をつけるためには、3年はアイデアを温めるためるということで、就職した上で次ぎのステップに進むようにしましょう。

今の世の中、フリーターにはお金は貸してくれません、できるだけ低金利で借りるならやはり社会的信用は必要です。 3年働くと銀行の融資も受けやすくなります。 精神的タフさ加減と情熱と行動力と計画性の3つある人が起業に向いているといえます。