資金 調達方法

資金はどのくらい?調達方法は?

起業といってもネットで株をしていくネットディーラーのような仕事であれば、最低パソコン1台とネット環境があれば、数十万円で済みますが、何か新しいアイデアや仕事を生み出すならいったいどれくらいかかるでしょうか。

起業の時の資金調達は特別なものであるということを頭にいれておきましょう。

普通の経営時の資金調達は、今までの経験があるので、予測がつきやすいですが、起業時の資金調達は、全く経験のないものを予測して計画書にまとめる必要があります。

起業時の事業計画書の作り込みの仕方の出来不出来が、その後の進路を大きく作るといっても過言ではありません。

起業時の融資には、自己資本がいくらあるのかが問題になってきます。
だいたい事業資金の3分の1は自己資金が必要とされています。
職金や貯金、保険の解約等自分のお金がどれくらい用意できるか確認しておきましょう。

ローンを使うなら日本政策金融公庫がおすすめです。
国のローンとして新創業融資制度があります。
無担保無保証で低利で貸し出してくれます。

ローンのほかには、出資という方法で家族に出してもらうことや、資金を援助してくれるエンジェルに頼む方法があります。 ほかにも自治体の融資制度もありますが、それにはやはり事業計画をしっかり書き上げないといけません。

初期投資が必要な飲食業や販売業や不動産業などを開く場合は500万から1000万、そのほかの業種の場合は、100万から500万は必要といわれています。

起業にはいくつものハードルがあり、思いつきですぐできるものではありません。

アイデアをあたため何年もかかっていくものです。

その間にしっかりと自己資金を計画的に貯めることをおすすめします。

この貯める行為が、後々の信用となってかえってきます。