退職前 知るべきこと

これだけは会社を辞める前に知っておこう

小さなモデルケースで副業としてやってみて、うまくいったから起業しました。

そんな場合、いままで勤めていた会社を退職することになりました。

そんな場合に知っておきたいことが、あります。

立つ鳥跡を濁さずという言葉があります。

もめごともなくきれいに辞めるということです。

全く違う業種を始めるなら、まだきれいに辞めることができやすいですが同じ業種なら、なおさら気をつけていかないといけません。

その会社の名簿にのっているお得意様をとったなら損害賠償を請求される可能性もあります。

あとあとの問題が起こらないように綺麗に辞めていくことで、人脈も使うことができるようになっていきます。

また客商売の場合には、お客様としてきてくれる可能性もあります。

退職前 知るべきこと

起業は、自分のしたいことを業務にするので、やりがいは大きいですがその反面全部自分に返ってきます。

お金の問題もそうだし、バックヤードの業務、会計の処理など様々な業務がのしかかってきます。

会社という看板が無くなるので、それだけ社会的信用もなくなると考えておきましょう。

社会保険も失業保険、年金にしてもすべて自分持ちになります、そのためのお金も自分持ちになります。

健康管理や時間管理も自分で管理しないといけなくなります。

辞める前には、上のようなことが本当に自分にできるのかどうか確認しておきましょう。

また、辞めた後、起業の業務が安定するまでの生活費はどうなるのかということも大事なことになります。